スポンサーリンク



印西エリア

珍しいお酒が飲みたい方は・・・『酒乃なべだな』へいらっしゃい。

こんにちは。
千葉県の魅力と不動産のお役立て情報を発信する
「ちばとちブログ」今日もいってみましょう!

一日の疲れとストレス解消に
「今宵の一杯」!!
楽しみにしている方はたくさんいるのではないでしょうか?

私もその一人。

でも以前は特にこだわりもなく、ただ酔えばよいかなくらいの毎日、ビールしか飲まなかった・・・今ではつまらない飲み方だったなあ~と後悔してます。

飲み過ぎを控える年齢になってきたのを期に量よりも質でしょ?と思えるようになって行ったのが『酒乃なべだな』さんです。

社長はじめとするスタッフの皆さんは、お酒にホント詳しくて気さくに話しかけてくれるので、お酒のこと詳しくなります。
社長のテンション高すぎにはご注意(笑)ブログとか見ると人柄がわかります。


私みたいな素人は、種類が多いとなにがなんだかわかりません、酒って好き嫌いもありますよね?
そんな時きちっとアドバイスしてくれて、とても頼りがいのある皆さんです。

こんな方にオススメ

・酒好き

・ただただ飲むだけに飽きてきた方

・大手ディスカウントストアやスーパーに置いてないお酒がほしい方

・これからお酒を知る若い方

・縁起の良い贈り物を探してる方

・ホームパーティーやイベントなどのお供に・・

『酒乃なべだな』さんの場所とはじまり。

行き方

住所:印西市大森4385にあります、我孫子から印西方面へR356を走っていると右手に古民家を改装した風情のあるお店がみえてきます。
向かい側には京葉銀行印西支店があるので、こちらも目印になりますね。

電車では成田線「木下駅」500m位

銘酒の名が入った旗がたくさん見えるので、とてもわかりやすいです。

隣接には広い駐車場があるので車で行っても安心です。

お店のはじまりから今

お店のはじまりは成田に本社を置く、鍋店(株)の初代、大塚正三さんが印西に出て、酒造業をしたのがはじまりと言われてるみたいです。

今は四代目の大塚雄三さん(よくしゃべる人)が代表をつとめており先代の時までは近所によくありそうな普通の酒屋さんだったと言ってました。

品評会などに参加し全国の蔵元(お酒つくってるところ)との名刺交換から付き合いを深め今のようにたくさんのお酒を並べることができたんだとか。

店舗スペースも今の1/3くらいだったと語ってくれました。

今度はトイレも改装し壁紙を金色にしたようです。
普通のお家ならアレっと思いますが酒店だと、なんとなくマッチしますね。
日本にないから中国から取り寄せたんだとか
入った方は「金運」にめぐまれる(社長談)、実際競馬に当たった人もいるとか・・・信じるか信じないかはあなた次第!

エピソードとして印象に残ったのは12年かけて通いつめ、やっと取引になった蔵元もあるとか。
酒へのこだわりや蔵元の心意気を感じ、それをお店に置きたい!!という大塚さんの気持ちが実現になったのでしょうね。

酒蔵のこだわり!伝統と頑固なところを是非、お店へ行って感じてほしい、そして味わってほしいです。

奥さんも努力家で日本ではあまりなじみのないWSET(Wine &Spirit Education Trust)というイギリスに本部をおく酒類の教育機関が発行するワインの資格を持っているのだとか、大塚さんいわく難しいらしいです。

店内の雰囲気

入って左は日本酒がたくさん置いてあります。
右手には焼酎・ワイン・泡盛など多種多様の品揃え
おつまみにもこだわりがハンパないです。

なべだなさんで一番気に入ったところ

酒屋さんって敷居が高いイメージないですか?
なんか頑固おやじが出てきて会話もはづまず・・・みたいなことを想定
あと値段が高いお酒しか置いてなかったら気まずいなあ~とか思ってました。

初めてのきっかけは、お客様の地鎮祭で使うお酒が必要だったので会社の経費でおちるし、丁度いいかと思い入ってみたのが初めてです。

平日の誰もいない時間帯でした、そこで対応してくれたのが代表である大塚さんです。

予算(3,000円位)と地鎮祭に持ってくお酒と要望を伝え、それならコレとコレって感じで親切に教えてくれました。
その時、買ったのは『利根正宗』印西の地酒です。地鎮祭の場所も地元だったのでコレに決めました。

ご自分の地鎮祭でも「利根正宗」を使ったという話も聞いたので即決でした。

他のお酒もみましたが、思ってたよりリーズナブルな価格で他のお店では置いてない銘酒ばかり!!
ここには驚きましたね。

①親切な対応
②豊富な商品知識
③的確なアドバイス
この3拍子がそろってるお店って、どの商売にも直結する人気の秘訣かなと勉強にもなります。

そこからは毎月一度、楽しみに通ってみて一年がたちました。今月はどんなお酒に会えるか楽しみの一つになりました。

今月の一本

日本酒・焼酎のみではなく泡盛・ワイン・ウイスキーもあるので違った楽しみ方もありです。

今回も、今月の一本を購入しました。
じつは焼酎が好きな私、一年も通ってたのにウリとしてる日本酒の「利根正宗」を飲んだことがなかったんです。

今回の記事にはコレがぴったりと思い購入。

ラベルもカッコいいです。

今の時期、冷酒で飲むことに

おいしい日本酒って単純な、いい方になりますが『フルーティー』という表現がピッタリ!

マスカットのような甘酸っぱさと炭酸のようなスッキリしたのど越し、最後にはお米の風味がのこり一度に色んな味を楽しめる一本です。奥深い。

飲みすぎるので要注意ですね。

おつまみには刺身など、さっぱりした日本食が間違いなく合います。

私はちょっと奮発してなべだなさんにある『馬刺し』をあてにします。

しょうが醤油やニンニクと一緒に食べるだけ・・・アブラがのって口の中にとろけた後にスッキリした「利根正宗」最高の瞬間でした。

お家でできる、ちょっとした贅沢、いかがでしょうか。

まとめ

お酒を通じて人と人とのご縁を大切にしてるというのを感じさせてくれるお店。

そこには、店員さんのお酒への情熱があればこそ、会話がはずんだりお酒のことを知ったりできるのかなと思います。

私は銘柄とかわからないので、ほぼお任せに近いです。
知識がなくても今どれがいいですかね~と聞いただけでその人にあった一本を引き出してくれる的確なアドバイスがあるので若い方や詳しくない方に是非、行ってほしい印西の名店です!!

店舗情報

店名酒乃なべだな
住所千葉県印西市大森4385
TEL0476-42-2351
営業時間10:00~19:00
定休日火曜日
URL酒乃なべだな

ABOUT ME
ばぐ☆さ~ふ
千葉県の北西部(松戸、柏、流山など)で住みたい人のために『街』の情報を発信しています。すでに住んでる人にもオススメ!知らなかったことが発見できるかも!?ハウスメーカーや不動産業の営業さんは現地案内ツールとして活用してください!!

スポンサーリンク