スポンサーリンク



柏エリア

柏市増尾にこんなお店発見!!『生活環境ワーカーズ 悠』さん楽しめること盛りだくさん!!

こんにちは。
千葉県の魅力と不動産情報を発信する
『ちばとちブログ』今日もよろしくお願いします。

増尾の駅周辺の商店街を探索してた時です。

ちょっと古びた商店街の中、他とは雰囲気が違う何かやってそうな建物があり、なんだろうなぁ~と入口にあった看板を見てみました。

『手作り品展示』?!

興味がわき、ちょっと覗いてみました。そしたら、すこし予想外の展開になりました。
一階は自然素材を扱う、建築屋さんだったのです。

外観はたしかに建築屋の感じが漂ってます。

『生活環境ワーカーズ悠』さんと言います。

今回は、そんなちょっと変わった建築屋さんとのエピソードをお話ししようと思います。

ハウスメーカーが主流の中、こういう建築屋さんは、とても珍しく興味があります。

入口を入ると、そこは『お家の相談所』

ドアが開いてたので、声をかけると店主の中北さんが優しい笑顔で出迎えてくれました。

中を入ると、全面タイル張りの床と腰壁、壁は漆喰、柱は無垢材の趣のある室内が広がります。
入口付近には暖炉があり、とてもオシャレで居心地の良い温かみのある空間になってました。

正直、増尾という街は古い商店街のイメージだったので、良い意味でミスマッチな感じがしました。

この辺りは柏駅から2駅目、不動産価格もリーズナブル(50坪で1500万円~2000万円くらい)なので手が出しやすく人気があるエリアです。

柏市民の年収は400~800万円くらいあります。
土地1500~2000万円 注文住宅2500万円~3000万円なら総額4000万円~5000万円になるので、
頭金の額によっては買いやすい金額になります。

それが増尾辺りの不動産事情です。わりと便利で良い街なんですよ。

柏で住みたい人必見!住み心地のよい街『増尾』オススメポイントを一挙公開!! こんにちは。千葉県の魅力と不動産情報を発信する『ちばとちブログ』今日もよろしくお願いします。 僕が柏市で土地探しをする人にオスス...


ただ商店街は、シャッターを閉めたお店が多く、もったいないなあ~と思ってます。

その中で今回のような雰囲気のお店が多いと若い人の往来も増えて良くなると思うんですがね・・・。

店主の中北さんも、閉まっていくお店が多くなり寂しさを感じるとのことで昔話を交えながら色々とお話ししてくれました。
1階は建築のあっせん業、2階は手作り品販売と教室、3階(小屋裏)はフリースペースで15年程前から、営業してると聞きました。

建築のあっせん業については、依頼すると大工さんを紹介してくれるようです。
その大工さんが設計と施工をするみたいですが新築よりもリフォームが中心とのことでした。

店主が言うには、ハウスメーカーが使う化学薬品を使った材料(クロスなど)が人体にもたらす影響に疑問をもち、自然素材を扱える大工さんなどを紹介してるようです。

漆喰を塗るのって専門的な技術が必要なので、誰でも出来るわけではないんです。
知ってる職人さんも高齢化が進み探すのに苦労してるようです。

床材はフローリングではなく無垢材やタイルを推奨しており壁は漆喰、ここまではよくある話


でも、この中で初めて聞く話がありました。

『月桃』と呼ばれる沖縄に生息するショウガ科の植物を使った壁紙


外で鉢植え栽培してました。これが『月桃』です!!

月桃は高い抗菌力と防腐作用があるらしく、沖縄ではオニギリを包む竹の葉のように、沖縄産の菓子餅「ムーチー」を包み蒸して食べるみたいです。

壁紙や障子紙に使うことも出来るとか。
他には化粧水やアロマオイル、虫よけなど幅広い使い方が出来る万能植物らしいです。

しかも繁殖力も強いらしく、地植えにすると大きくなりすぎるので鉢植えにしてるみたいです。


ほかにも色々と自然に気を使った商品が多数!!
こちらにも

ワックスや塗料はドイツの『ブレーマー社』の高品質なものを推奨していました。

ドイツ製と聞くと、なんとなく安全性は高そうです。
健康や安全に関する基準は日本よりも厳しいものが多いので、自然素材に興味がある方は耳寄りな話が聞けるかも。

その他、自然へのこだわりは、地中にタンクを入れて雨水を再利用するシステムがあります。


雨水の再利用はよく聞く話ですが、地下にタンクを埋設しポンプアップするのは珍しいなと思いました。

あと屋上緑化ならぬバルコニー緑化もありました、こちらも熱を放出させないための仕掛けのようです。
でも洗濯物を干せなくなるため、現実的ではないと言ってました・・・。

いろいろと自然素材へのこだわりが感じられるお話でした、なにか気になるものありましたか?

2階は小物の手作り教室と販売コーナー

2階は手作り品の販売と月1~2回の手作り教室です。

手作り教室の時は外部から先生を呼んでおこなうそうです。
多くの生徒さんが集まってくるみたいですね。楽しそうです。

ハンカチ・バッグ・水筒ホルダー・帽子などいろんな商品が並んでおりました。

ぐい吞みなど、焼き物もあります。
形だけ作って、知り合いの焼き物師さんに送るそうです。

僕は酒飲みなので、こっちの方がやってみたいです。

小屋裏は『落語』も見れる?! フリースペース

上がってみると畳をひいたフリースペースになってました。
柱や梁の色合いや照明の明るさが忍者の隠れ家に来たみたい。
奥に見える竹のカーテン?のようなものも良い演出してくれますね。

ここでは、なんと「落語」が見れるそうです。
面白いこと考えますね。
たしかにスペースは丁度よく、話も聞きやすい広さでした。

このように、周りに座って見るそうです。

やる方は近すぎて緊張しちゃいそうですけどね。

この椅子も味がある!!丸太

まとめ

外観からは想像がつかない、商売や催しをされてました。

人の集う、地域に密着した温かいお店でした。

ご興味のある方は是非、足を運んでみてください!!

本日もありがとうございました。

お店の名前生活環境ワーカーズ 悠
代表者中北 美智子 さん
住所柏市加賀3-18-15
TEL04-7173-6666
開業時間10:00~17:00
定休日日曜・祭日・不定休あり
e-mailyuu@jt6.so-net.ne.jp
URLhttps://sites.google.com/site/workersyuu1990/home
ABOUT ME
ばぐ☆さ~ふ
千葉県の北西部(松戸、柏、流山など)で住みたい人のために『街』の情報を発信しています。すでに住んでる人にもオススメ!知らなかったことが発見できるかも!?ハウスメーカーや不動産業の営業さんは現地案内ツールとして活用してください!!

スポンサーリンク